薬局実務中疑問 PR

クレナフィンやルコナックは1本で何日分なのか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
就職活動中の薬学部の方へ
お仕事ラボには登録していますか?
あなたに合った条件を提案してくれるのでより良い条件の求人情報を探すのにとても便利です。
もしかしたら、転職サイトのイメージが強くて、就職活動では利用していない人も多いかもしれませんが、薬学部生の就職活動で利用しても問題ありません
人生の大半を占める仕事ですので、ぜひ貪欲により良い条件を探してください。
【お仕事ラボ】への登録ページはコチラ
ですのでよければ一度検討してみてください。

------------------------------------------------------------

爪白癬(爪みずむし)に対して皮膚科などで処方されるクレナフィン爪外用液10%(成分:エフィナコナゾール)やルコナック爪外用液5%(成分:ルリコナゾール)。

服薬指導をしていたら、患者さんから「これって何日くらいで使い終わるの?」と何度か質問を受けることがあったため記事にしました。

この記事では、クレナフィン爪外用液10%ルコナック爪外用液5%の1本あたりの使用期間が分かります。

その使用期間よりかなり早く使い終わる場合や逆に長い間使い終わらない場合には適切に使用できていない可能性があります。
そのような方は、適切に使用できていないかもしれません。
ここでは、各製剤の適切な使用方法も載せていますので、使い方を見直してみてください

クレナフィンは1本で何日分なのか?

クレナフィン爪外用液10%は1本(4mL)で、
・両足(爪10枚分)で約1週間分
・片足(爪5枚分)で約2週間分
と言われています。ただし、爪の大きさは個人差があるので、あくまで参考程度と思ってください。

参考:http://clenafin.jp/product/faq.html
国際共同第Ⅲ相試験(DPSI-IDP-108-P3-01)においてクレナフィンを塗布した患者さんの平均罹患爪数は3.8枚であり、2週間の平均使用量は約2.5mL
この数値を参考にすると、2.5mL/3.8枚/14日分=約0.047mL/枚
4mL/0.047=爪約85枚分

ルコナックは1本で何日分なのか?

ルコナック爪外用液5%は、2020年3月ごろから新容器に変更になっています(プッシュ型からマーカー型に変更)。
しかし、ネットで調べられる情報は全て旧容器の情報だったので、今回佐藤製薬さんに問い合わせて確認しました。

その結果、
ルコナック爪外用液5%は1本で、
・両足(爪10枚分)で約2週間 とのことです。
※ただし、爪の大きさは個人差があるので参考値とのこと。
そのため片足(爪5枚分)なら約4週間しようできると思われます。

ちなみに、この参考使用期間は旧容器のプッシュ型と同じです。
佐藤製薬さんに問い合わせた際に教えていただいたのですが、旧容器と新容器で適切に使用した場合は、平均塗布量に大きな差は無かったとのことです。

クレナフィンやルコナックの正しい使い方

上記の1本あたりの使用期間は正しい使用方法によるものなので、ここでは各製剤の使い方についてまとめたいと思います。
特に上記の使用期間と大きくずれる場合には、改めて使い方を見直した方がいいと思われます。

クレナフィン爪外用液の正しい使い方

用法用量

1日1回罹患爪全体に塗布する。
(参考:添付文書https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00063087.pdf

1日1回のお薬です。薬がなくなるのが早い患者さんは、それ以上使っていないか確認しましょう。

患者さん向け使用説明書の内容


1.容器を斜めに傾け、薬液をハケにしみ込ませてください。
※このとき、薬液が出過ぎることがあるので、ボトルの側面を押さないでください。

2.容器を傾けてつまむように持ち、1日1回、爪全体や爪と皮膚の境目に薬液をハケで速やかに塗ってください。
※このとき、ボトルの側面を押さないでください。また、ハケを爪に強く押し付けないでください。
※刺激を感じることがあるので、皮膚についた薬液は、ティッシュペーパーや綿棒等でふき取ってください。

3.使用後はしっかりとキャップをしめてください。

4.容器の外側についた薬液は、ふき取ってください。

製剤に同梱されている「患者さん向け使用説明書」では「指先の爪と皮膚のすき間にも塗る」旨について、イラストもなく文章も少し分かりにくいです。そのため、薬の減りが遅い患者さんは、指先の爪と皮膚のすき間の塗り忘れがないかしっかりチェックしましょう。

ルコナック爪外用液の正しい使い方

用法用量

1日1回罹患爪全体に塗布する。
(参考:ルコナック爪外用5% 添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6290703Q1023_2_05/ )

指導箋の内容


1.初回使用(開封)時、キャップをしたまま図のように「トントン」と叩いた後、容器を下向きにして、5~10回ほど振り、薬液を先端のフェルト部分にしみ込ませてください。
※なお2回目からはこの操作を不要です。

2.1日1回、爪の表面だけでなく爪と指の間にも薬液が行きわたるように爪全体に塗ってください。
※薬液が出にくい場合には1の操作を行ってください。
※先端のフェルト部分は強く押し込まないでください。

3.爪の周りの皮膚についた薬液はティッシュペーパーや綿棒などでふき取ってください。

4.塗り終わったら、容器の周りをティッシュペーパーなどできれいにふき取り、キャップをしめ、立てた状態で保管してください。

(参考:ルコナック爪外用液5%をご使用される患者さんへ
https://www.medinfo-sato.com/patient/pdf/32_luconac.pdf

こちらの「患者さん向け使用説明書」でも「爪と指の間にも塗る」旨について、イラストはないです。そのため、薬の減りが遅い患者さんは、指先の爪と皮膚のすき間の塗り忘れがないかしっかりチェックしましょう。

参考

クレナフィン爪外用液10% FAQページ
http://clenafin.jp/product/faq.html

クレナフィン爪外用液10% 添付文書
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00063087.pdf

ルコナック爪外用5% 添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6290703Q1023_2_05/

ルコナック爪外用液5%をご使用される患者さんへ
https://www.medinfo-sato.com/patient/pdf/32_luconac.pdf