薬理ゴロ

[薬理ゴロ]交感神経刺激薬

学生時代のテキスト見返すと、ゴロを発見したので、ゴロを中心に記事を書いていきたいと思います。
初めは、交感神経刺激薬についてです。
なお、一般名の後ろに「先:」で記載しているのは先発品の名称です。

【ゴロなど】

[α受容体刺激薬]

変にレフリーあたいを刺激、エッチなレフリー両方刺激

「変にレフリー」フェニレフリン(先:ネオシネジン)
「あたいを刺激」α1受容体刺激
「エッチなレフリー」エチレフリン(先:エチホール)
「両方刺激」αβ受容体刺激

[β1受容体刺激薬]

出っ歯でドブタは倍刺激

「出っ歯」デノパミン(先:カルグート)
「ドブタ」ドブタミン(先:ドブトレックス)
「倍刺激」β1受容体刺激

[β2受容体刺激薬]

サル、ブタ、トリ、トドがモールでテロる。バニーを刺激
「テロる」~テロールはβ2刺激
※~テロール以外は以下の通りです。
「サル、ブタ」サルブタモール(先:ベネトリンなど)
「ブタ」テルブタリン(先:ブリカニール)
「トリ」トリメトキノール(先:イノリン)
「トド」リトドリン(先:ウメテリン)→適応症:切迫流産、早産防止
「バニーを刺激」β2受容体刺激→リトドリン以外は気管支ぜん息などに用いる。

ここからは、β2受容体関連の細かいゴロです。
尿漏れるから、おなか押さないでクレ
「クレ」クレンブテロール(先:スピロペント)
「尿漏れる、おなか押さない」適応症に腹圧性尿失禁もあり

サルめ、長生きしおって
「サルめ」サルメテロール(先:セレベント)
「長生き」持続時間長い。ただし、作用発現遅いので、ぜんそく発作には使用しない

【備考】

β受容体刺激薬で、低カリウム血症が起きるのは、β2受容体刺激で細胞内にカリウムが流入するため。
低カリウム血症の症状は、筋力低下、麻痺、多尿、テタニー(手足の筋肉が伸びにくい、筋肉痛)など。