薬理ゴロ

[薬理ゴロ]造血薬

今回は造血薬についてです。

【ゴロなど】

鉄欠乏性貧血治療薬

ゴロは特にないです。第一鉄(Fe2+)と第二鉄(Fe3+)で吸収がよいのは第一鉄(Fe2+)。

乾燥硫酸鉄(商:フェロ・グラデュメット)
フマル酸第一鉄(商:フェルム)
クエン酸第一鉄ナトリウム(商:フェロミア)
溶性ピロリン酸第二鉄(商:インクレミン)

巨赤芽球性貧血治療薬

巨悪をこばみ
「巨」赤芽球性貧血(の1つである)
「悪」性貧血には
「こばみ」~コバン(ビタミンB12製剤)
※巨赤芽球性貧血の1つ葉酸欠乏性貧血には葉酸を用いる

ヒドロキソコバラミン(商:フレスミンS)
シアノコバラミン(商:ビタミンB12注)
メコバラミン(商:メチコバール)
葉酸(フォリアミン)

再生不良性貧血治療薬

不良はどうかしてる。登校しクロスバイク
「不良」再生不良性貧血
「どうかしてる」タンパク同化ステロイド(メテロノン 商:プリモボラン)
「登校」コルチコイド
「しクロス」シクロスポリン(商:サンディミュン、ネオーラル)

溶血性貧血治療薬

溶血性貧血は自己免疫で赤血球が破壊されるので、免疫力を抑えるのが重要。
免疫力を抑えるのは、糖質コルチコイドやシクロスポリン

腎性貧血治療薬

ポエム陳腐で人生貧しい
「ポエム陳腐」~ポエチン
「人生貧しい」腎性貧

エポエチンアルファ(商:エスポー)
エポエチンベータ(商:エポジン)
ダルベポエチン(商:ネスプ)
エポエチンベータベゴル(商:ミルセラ)

鉄芽球性貧血治療薬

鉄球にビビろう
「鉄球」性貧血
「ビビろう」タミンB6製剤(ピリドキシン、ピリドキサールなど)

ピリドキシン(商:アデロキシン)
ピリドキサール(商:ピドキサール)

顆粒球コロニー刺激因子

グラスの中に好きなもの

「グラス」~グラスチム
「中に好き」好中球減少症に用いる
※顆粒球減少症で騙されないように要注意!!

フィルグラスチム(商:グラン)
レノグラスチム(商:ノイトロジン)
ナルトグラスチム(商:ノイアップ)

トロンボポエチン受容体作用薬

プロすぎるトロンボーン決勝に
「プロすぎる」~プロスチム
「トロンボーン」~トロンボパグ
「決勝に」血小板減少症に用いる

エルトロンボパグ(商:レボレード)
ルストロンボパグ(商:ムルプレタ)
ロミプロスチム(商:ロミプレート)