薬理ゴロ

[薬理ゴロ]脂質異常症治療薬(LDL下げる薬)

脂質代謝異常治療薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

脂質代謝異常治療薬は主に「LDLを下げる薬」と「TGを下げる薬」とで分けられると考えています。(どちらも基本はHDLを上げる。ただし、プロブコールのように例外もあるので注意

今回は、「LDLを下げる薬」についてまとめたいと思います。

【ゴロ】

[スタチン系薬]

バスタッチで、ホモが怖え

「バスタッチ」~(バ)スタチン
「ホモが怖え」HMG-CoA還元酵素(を阻害し、その結果、細胞表面のLDL受容体発現を増加させ、LDLが細胞内に取り込まれるため、血中LDLが下がる。)

副作用は横紋筋融解症

プラバスタチン(商:メバロチン)
シンバスタチン(商:リポバス)
フルバスタチン(商:ローコース)
アトルバスタチン(商:リピトール)
ピタバスタチン(商:リバロ)
ロスバスタチン(商:クレストール)

[レジン(陰イオン交換樹脂)]

単純にコレステロールを散らす
「単純」胆汁酸(の排泄促進し、外因性コレステロールの吸収を阻害する)
「コレス(テロールを)散らす」コレスチ~

コレスチラミン(商:クエストラン)
コレスチミド(商:コレバイン)

禁忌に胆道完全閉塞あり。

[小腸コレステロールトランスポーター阻害薬]

※すいません。ゴロが思いつかなかったので、普通にまとめます。

エゼチミブ(商:ゼチーア)
→小腸でのコレステロールの吸収を阻害。副作用には、便秘、下痢、腹痛などの消化器症状がある。

[プロブコール]

プロがコールする High&Low

「プロがコール」プロブコール(商:シンレスタール)
「High&Low」HDLもLDLも下げる
※High&Lowは指定されたカードより次のめくるカードの数字が高いか低いか当てるトランプゲーム

リビングダイニング(LD)ではトップレス
「リビングダイニング」LDLを下げる薬
「ト」(小腸コレステロール)ランスポーター阻害
「プ」ロブコール
「レ」ジン(陰イオン交換樹脂)
「ス」タチン系

【備考】

横紋筋融解症は、骨格筋の細胞が融解、壊死する副作用です。症状として、「手足・肩・腰・その他の筋肉が痛む」、「手足がしびれる」、「手足に力がはいらない」、「こわばる」、「全身がだるい」、「尿の色が赤褐色になる」などがみられる可能性があります。

参考:重篤副作用疾患別対応マニュアル 横紋筋融解症
https://www.pmda.go.jp/files/000143227.pdf

薬剤師国家試験過去問のゴロ解説を作った際に、一部の薬の作用点を図にまとめたので追加でこのページにも貼っておきます。参考にしてください。