薬理ゴロ

[薬理ゴロ]痛風・高尿酸血症治療薬

今回は、痛風・高尿酸血症治療薬について記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロ】

[痛風発作治療薬]

痛風発作でもちゅうぶらりん、(ナース)コール必死
「ちゅうぶらりん」チュウブリンに結合(して、紡錘体の機能を阻害することで、白血球の炎症組織への遊走を抑制)
「コール必死」コルヒチ

痛風発作で使用するNSAIDs例
通は富良野とインドでナプキン置き去る
「通」痛風発作治療
「富良野」プラノプロフェン(商:ニフラン)
「インド」インドメタシン(商:インダシン、インテバン)
「ナプキン」ナプロキセン(商:ナイキサン)
「置き去る」オキサプロジン(商:アルボ)

[尿酸合成阻害薬]

笛吹スタッフ、あのプリンから尿酸つくらない
(追加)キッチンに置きっぱなしはダメだぜ

「笛吹スタッフ」フェブキソスタット(商:フェブリク)
「あのプリン」アロプリノール(商:ザイロリック、サロベールなど)
「尿酸つくらない」尿酸合成阻害キサンチンオキシダーゼ阻害
「キッチンに置き(っぱな)しはダメだぜ」キサンチンオキシダーゼ阻害によって(尿酸合成阻害)
「プリンつながり」相互作用で、6メルカトプリン(抗がん剤、商:ロイケリン)やアザチオプリン(免疫抑制薬、商:イムラン、アザニン)の血中濃度を上昇させる。

私の学生時代には、フェブキソスタットはありませんでした。個人的な勉強のためフェブキソスタットについては、備考にまとめております。

[尿酸排泄促進薬]

プロベーション(見習い期間)では、便座にマロンと尿酸ぶっこむ
「プロベ」プロベネシド(商:ベネシッド)
「便座にマロン」ベンズブロマロン(商:ユリノーム)
重篤な肝障害が主に投与開始6ヶ月以内に発現することが報告されているため、投与開始後少なくとも6ヶ月間は定期的に肝機能検査を行う。
「ぶっこむ」ブコローム(商:パラミヂン)
※「便座に尿酸ぶっこむ」のイメージで尿酸排泄

[尿酸分解酵素薬]

尿酸分解に参加し、ラストぶり返す
「参加」尿酸を酸化(し、アラントインと過酸化水素に分解)
「ラストぶり返す」ラスブリカーゼ(商:ラスリテック)
→適応:がん化学療法に伴う高尿酸血症。
警告:溶血性貧血あるいはメトヘモグロビン血症を起こ すおそれがあるので、症状が発現した場合、直ち に投与を中止し適切な処置を行うこと。

【備考】

フェブキソスタット(商:フェブリク)の特徴
・非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害薬。
・1日1回投与。
・軽度から中等度の腎機能低下例においても、投与量を調整する必要なし。

高尿酸血症の基準は、「血清尿酸値が7.0mg/dLを超えている」です。これを覚えるのに、友人に教えてもらった「高尿酸血症のアンラッキーセブン」で自分は覚えられたので、備考に書いておきます。

メトヘモグロビン血症は、メトヘモグロビンとは赤血球内のヘモグロビン中の核をなす2価の鉄イオンが酸化されて3価の鉄イオンになったものであり,酸素結合・運搬能力が失われた状態のことです。

メトヘモグロビン血症 参考:
http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0413.htm