薬理ゴロ

[薬理ゴロ]緑内障治療薬(眼房水排出促進)

今回は緑内障治療薬の眼房水排泄促進薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロ】

[副交感神経興奮薬]

Mサイズの服交換は激しく毛が縮み、スリムな袖口が開いた時

「Mサイズ」M3受容体、「激しく」刺
「服交換は激しく」副交感刺激(興奮)
「毛が縮み」様体筋が収
「スリムな袖口開いたとき」シュレム管が開口し、(眼房水排泄を促進)

※副交感刺激薬(直接および間接)のまとめは、副交感神経興奮薬のページにまとめています。

ピロカルピン(商:サンピロ)
ジスチグミン(商:ウブレチド)
<補足>
なお、これらの薬は、瞳孔括約筋を収縮させることで、縮瞳薬としても用いられる
また、神経と散瞳・縮瞳は以下の通り
降参と復活 ※神経は刺激の時で、遮断はその逆
「降(こう)」交感神経刺激、 「参(さん)」(瞳孔)散大筋の収縮→散瞳
「復(ふ)」副交感刺激、 「活」(瞳孔)括約筋の収縮→縮瞳

[プロスタグランジン関連薬]

プロ、ストリートでフルーツであるブドウを出荷
「プロスト」語尾:~プロスト
「フルーツである」PGF2α誘導体
※ただし、ビマプロストはプロスタマイド誘導体で例外のため注意
「ブドウ」ぶどう膜強膜流出路から
「出荷」眼房水は排出

イソプロピルウノプロストン(商:レスキュラ)
ラタノプロスト(商:キサラタン)
トラボプロスト(商:トラバタンズ)
タフルプロスト(商:タプロス)
ビマトプロスト(商:ルミガン)
・プロスタグランジン関連薬は、虹彩色素沈着、睫毛伸長、上眼瞼溝深化など特異的な副作用を有するが、全身的副作用は小さい。

[α1受容体遮断薬]

α1受容体遮断薬の情報は、交感神経遮断薬 のページにまとめています。
簡単に復習すると
悪心をあたい断る
「悪心」語尾:~oシン、「あたい断る」α1遮断
●プラプラと選択できない、ナイフ持ってタムロするAD、フナの目も解剖。
「フナ」ブナゾシン(商:デタントール)
「目も」点眼で緑内障、内服で高血圧や前立腺肥大に伴う排尿障害に用いる。
※経路としては「ぶどう膜強膜経路」になります。

[ROCK(Rhoキナーゼ)阻害薬]

スリムな労基が出てくる、立派っす
「労基」Rhoキナーゼ阻害薬
「スリム~出てくる」シュレム管から眼房水が出る
「立派っす」リパスジル(商:グラナテック)
※他薬で効果不十分な場合の緑内障や高眼圧症

[アドレナリンのプロドラッグ]

不倫はアドレナリン出る
「不倫」~フリン
「アドレナリン」アドレナリンとしてα受容体やβ受容体刺激

・アドレナリンのプロドラッグであるジピベフリン(商:ピバレフリン)は以下の作用で、眼房水産生抑制作用と眼房水流出促進作用があるが、主には流出促進効果によって眼圧を下げると言われている。
・α受容体刺激→眼房水産生抑制
β受容体刺激→眼房水産生促進シュレム管から眼房水流出促進
※β受容体刺激で、水を作ってしまうのも注意!!