薬理ゴロ

[薬理ゴロ]抗アレルギー薬

今回は抗アレルギー薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

抗アレルギー薬は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性皮膚疾患などで使用されます。

【ゴロ】

[ケミカルメディエーター遊離抑制薬]

・ケミカルメディエーター(化学伝達)の遊離を抑制し、アレルギー反応を抑制する。
喘息発作には無効。長期管理薬として予防目的で使用される。

苦労も散々、ラストにサックス1個取り

「苦労も散々」クロモグリク(商:インタール)
「ラスト」~ラスト

トラニラスト(商:リザベン)
→ケロイド・肥厚性瘢痕由来繊維芽細胞のコラーゲン合成抑制作用
イブジラスト(商:ケタス)
ペミロラスト(商:アレギサール、ペミラストン)

「サックス」アンレキサノクス(商:ソルファ)
「1個取り」(アンレキサノクスは)ヒスタミン遊離抑制作用に加えて、イコトリエン生成阻害作用、抗ロイコトリエン作用も有する。

[第二世代抗ヒスタミン薬]

→H1受容体遮断作用のほかに、ケミカルメディエーター遊離抑制作用も有する。また、第一世代と比較して、抗コリン作用が弱く、メキタジン以外は緑内障や下部尿路閉塞性疾患にも使用できる

アゼラスチン(商:アゼプチン)
ケトチフェン(商:ザジテン)
オキサトミド(商:セルテクト)
セチリジン(商:ジルテック)
フェキソフェナジン(商:アレグラ)→自動車運転の注意なし
メキタジン(商:ゼスラン、ニポラジン)
エピナスチン(商:アレジオン)
エバスチン(商:エバステル)
レボセチリジン(商:ザイザル)
ベポタスチン(商:タリオン)
エメダスチン(商:レミカット、テープ剤:アレサガ)
オロパタジン(商:アレロック)
ロラタジン(商:クラリチン)
デスロラタジン(商:デザレックス)→自動車運転の注意なし
ビラスチン(商:ビラノア)→自動車運転の注意なし
ルパタジン(商:ルパフィン)

※メキタジンとメサラジン(商:ペンタサ、クローン病や潰瘍性大腸炎で用いられる)似ているので注意。

[トロンボキサン関連薬]

尾崎グレてタクシー(TAXi)作らん、まぁトロトロとダストすて作業中断

「尾崎グレて」オザグレル(商:ベガ、ドメナン)
「TAXiつくらん」TXA2合成酵素を阻害

「まぁトロ」ラマトロバン(商:バイナス)
「トロとダスト」セラトロダスト(商:ブロニカ)
「中断」TXA2受容体遮断

[ロイコトリエン受容体遮断薬]

→抗喘息効果をもつ。また、アレルギー性鼻炎の鼻閉に有効である。
1個取り「貸す」という
「1個取り」ロイコトリエン受容体遮断薬
「貸すと」~カスト

プランルカスト(商:オノン)
モンテルカスト(商:キプレス、シングレア)
ザフィルルカスト(商:アコレート)→適応:気管支喘息のみ

[Th2サイトカイン阻害薬]

ヘルパーに足すといい仕事しない

「ヘルパーに」2型ヘルパーT細胞(Th2)
「足すと」スプラタスト(商:アイピーディー)
「いい」IgE抗体
「仕事(しごと)」IL-4、IL-5
「しない」上記サイトカインの産生抑制