薬理ゴロ

[薬理ゴロ]抗菌薬(タンパク質合成阻害)

今回は抗菌薬のタンパク質合成阻害薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロなど】

[アミノグリコシド系]

(作用機序)
30S及び50Sリボソームと結合し、タンパク質の合成を阻害
※ただし、ストレプトマイシンは、30Sリボソームのみに結合
(副作用)
第Ⅷ脳神経障害(耳毒性)、腎障害
※耳毒性は不可逆的です。

ストレプトマイシン→抗結核薬
カナマイシン→抗結核薬
ゲンタマイシン(商:ゲンタシン)→抗緑膿菌作用がある
トブラシン(商:トブラマイシン)→抗緑膿菌作用がある
アミカシン→抗緑膿菌作用がある
イセパマイシン(商:イセパシン、エクサシン)→抗緑膿菌作用がある
ペカナマイシン(商:カネンドマイシン)→抗緑膿菌作用がある
アルベカシン(商:ハルベカシン)→MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に有効
スペクチノマイシン(商:トロビシン)→淋菌にも有効

見事な家臣の邁進を耳にし、じ~ん(感動)

「見事(3、5、10)」30Sと50S
「家臣の邁進」語尾:~カシン、~マイシン
※ただし、「~スロマイシン」「ジョサマイシン」「スピラマイシン」「ミデカシン」はマクロライド系。
※また、「リンコマイシン」はリンコマイシン系

「耳にし、じ~ん」副作用に耳毒性や腎障害

[クロラムフェニコール系]

クロラムフェニコール(商:クロマイ)
(作用機序)
50Sリボソームと結合し、タンパク質の合成を阻害
(副作用)
再生不良性貧血、新生児の灰白症候群グレイ症候群

[マクロライド系]

(作用機序)
50Sリボソームと結合し、タンパク質の合成を阻害
(副作用)
消化器症状(悪心、嘔吐、下痢など)、肝障害
(その他)
CYP3A4阻害作用をもつ

エリスロマイシン(商:エリスロシン)
クラリスロマイシン(商:クラリス、クラリシッド)
ロキシスロマイシン(商:ルリッド)
アジスロマイシン(商:ジスロマック)
ジョサマイシン(商:ジョサマイ)
スピラマイシン(商:アセチルスピラマイシン)
ミデカシン(商:メデマイシン)
※アミノグリコシド系との見分けがややこしい。~スロマイシンは簡単だけど・・・
●~スロマイシン以外は「枕するすっぴんの耳でか女王様」で覚える
「枕」マクロライド系
「すっぴん」スピラマイシン
「耳でか」ミデカシン
「女王様」ジョサマイシン

[テトラサイクリン系]

(作用機序)
30Sリボソームと結合→タンパク質合成阻害
(副作用)
菌交代症(正常菌が抑制され、非感受性菌が増殖する。カンジダなど)、光過敏症、骨歯成長抑制
(その他)
・2価以上の金属でキレート形成→消化管吸収抑制
※制酸剤との併用で吸収が低下する可能性があるため注意。
・広い抗菌スペクトル、リケッチア、クラミジア、マイコプラズマ感染にも有効

テトラサイクリン(商:アクロマイシン)
オキシテトラサイクリン(商:テラマイシン)
デメチルクロルテトラサイクリン(商:レダマイシン)
ドキシサイクリン(商:ビブラマイシン)

[リンコマイシン系]

(作用機序)
50Sリボソームと結合→タンパク質合成阻害
(副作用)
偽膜性大腸炎(クロストリジウム・ディフィシルの腸管内異常増殖による下痢を伴う大腸炎)

リンコマイシン(商:リンコシン、ペランコシン)
クリンダマイシン(商:ダラシン)

[オキサゾリノジン系]

リネゾリド(商:ザイボックス)
(作用機序)
細胞リボソームと結合し、翻訳過程の70S開始複合体の形成阻害→タンパク質合成阻害
(特徴)
VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)に有効
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に有効

ムピロシン(商:バクトロバン)
(作用機序)
細胞リボソームのペプチド合成阻害→タンパク質合成阻害
(特徴)
鼻腔内MRSAの除菌に軟膏で用いる。

見捨てたいなりね
※なり:風体、服装などの意味
「見(3)」30Sリボソームのみに結合
「す」トレプトマイシン
「て」トラサイクリン系

「な(7)」70Sに関係
「りね」リネゾリド
※50Sのみ、50Sと30S両方の薬もなんとか作りたい・・