薬理ゴロ

[薬理ゴロ]抗菌薬(細胞壁合成阻害)

今回は抗菌薬の細胞壁合成阻害薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロなど】

[β-ラクタム系抗菌薬]

(作用機序)
ペニシリン結合タンパク質(PBP)に結合→トランスペプチダーゼ阻害→ペプチドグリカン合成阻害→細胞壁の合成阻害
(副作用)
一般に重篤な副作用が少ない抗菌薬の1つである。
(特徴)
β-ラクタム環は、β-ラクタマーゼにより加水分解を受けると抗菌活性を失う。
よって、β-ラクタマーゼ阻害薬(クラブラン酸、タゾバクタム、スルバクタム)との併用で抗菌スペクトル拡大

<ペニシリン系>
語尾;~シリン

<セフェム系>
成分名に「セフ」が入っている。

<カルバペネム系>
語尾:~ペネム

<モノバクタム系>
語尾;~oナム

(ホモにとって)お眠にペニスしりに入れるのはセーフ、南無、心の壁壊れる。
「お眠」カルバペネム系、語尾:~ペネム
「ペニスしり」ペニシリン系、語尾:~シリン
「セーフ」セフェム系、成分名に「セフ」が入っている。
「南無」モノバクタム系、語尾:~oナム
「壁を壊れる」細胞壁合成阻害
※お経に出てくる南無、「身を捧げて服従し、おすがりする」との意味があるらしい。

[グリコペプチド系抗菌薬]

(作用機序)
ペプチドグリカン合成阻害→細胞壁合成阻害
(副作用)
腎障害、第Ⅷ脳神経障害(耳毒性)ヒスタミン遊離によるレッドネック症候群
(特徴)
・本剤は、腸管からほとんど吸収されない。
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)感染に点滴静注で用いる。この時、60分以上かけた緩徐な静注であれば、レッドネック症候群が避けられる

万国の抵抗プランを耳にし、離間する
「万国」バンコマイシン
「抵抗プラン」テイコプラニン
「耳にし」耳毒性、第Ⅷ脳神経障害
「離間」ペプチドグリカンの合成阻害(→細胞壁合成阻害)
※離間とは、互いの中を引き裂くこと