薬理ゴロ

[薬理ゴロ]片頭痛治療薬

今回は片頭痛治療薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

耳で聴いて覚えたいという方向けに動画も作りましたので、よければご利用ください。

【ゴロなど】

[トリプタン系(5-HT1B/1D受容体刺激薬)]

トリップに1枚のBD(ブルーレイディスク)セット。頭痛の種解決!

「トリップ」語尾:~トリプタン
「1枚のBDセット」セロトニン5-HT 1B/1D受容体を刺激。

セロトニン受容体の刺激、遮断の法則(私が学生の時)は
5-HT1:刺激薬
5-HT2:遮断薬
5-HT3:遮断薬

5-HT4:刺激薬
なので、サブタイプが1B/1Dなら刺激(作動)薬と判断

5-HT1Bの刺激で、脳血管を収縮させる。
5-HT1Dの刺激で、三叉神経からのカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP放出を抑制して炎症を抑える。

スマトリプタン(商:イミグラン)
ゾルミトリプタン(商:ゾーミッグ)
エレトリプタン(商:レルパックス)
リザトリプタン(商:マクサルト)
ナラトリプタン(商:アマージ)→効果不十分の場合、4時間以上の間隔をあけて追加可
※ナラトリプタン以外は、追加間隔は2時間以上

[その他]

その他には、
・麦角アルカロイドのエルゴタミン酒石酸塩
→脳血管のα1受容体に対する部分アゴニスト活性セロトニン受容体に対する部分アゴニスト活性を示し、血管収縮作用を示す。
※商品としては、エルゴタミン+無水カフェイン+イソプロピルアンチピリン配合剤(商:クリアミン)がある。

・Ca拮抗薬のロメリジン(商:ミグシス)
→血管平滑筋及び神経内へのCa2+流入を抑制し、血管拡張作用及び脳血流量増加作用を示す。末消血管と比べて脳血管への選択性が高い。

・抗セロトニン薬のジメトチアジン(商:ミグリスチン)
※語尾:~aジンですが定型抗精神病薬(D2遮断)ではないので注意

・抗てんかん薬のバルプロ酸(商:デパケン)

カフェイン
などが用いられる。