薬理ゴロ

[薬理ゴロ]片頭痛治療薬

今回は片頭痛治療薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロなど】

[トリプタン系(5-HT1B/1D受容体刺激薬)]
トリップに1枚のBD(ブルーレイディスク)セット。頭痛の種解決!

「トリップ」語尾:~トリプタン
「1枚のBDセット」セロトニン5-HT 1B/1D受容体を刺激。

セロトニン受容体の刺激、遮断の法則(私が学生の時)は
5-HT1:刺激薬
5-HT2:遮断薬
5-HT3:遮断薬

5-HT4:刺激薬
なので、サブタイプが1B/1Dなら刺激(作動)薬と判断

5-HT1Bの刺激で、三叉神経からのカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)放出を抑制して炎症を抑える。
5-HT1Dの刺激で、脳血管を収縮させる。
薬理作用はB→C→Dの順でなんとなく覚えておく

スマトリプタン(商:イミグラン)
ゾルミトリプタン(商:ゾーミッグ)
エレトリプタン(商:レルパックス)
リザトリプタン(商:マクサルト)
ナラトリプタン(商:アマージ)→効果不十分の場合、4時間以上の間隔をあけて追加可
※ナラトリプタン以外は、追加間隔は2時間以上

[その他]
その他には、
・麦角アルカロイドのエルゴタミン酒石酸塩
※商品としては、エルゴタミン+無水カフェイン+イソプロピルアンチピリン配合剤(商:クリアミン)がある。
・Ca拮抗薬のロメリジン(商:ミグシス)
・抗セロトニン薬のジメトチアジン(商:ミグリスチン)
※語尾:~aジンですが定型抗精神病薬(D2遮断)ではないので注意
・抗てんかん薬のバルプロ酸(商:デパケン)
カフェイン
などが用いられる。