薬理ゴロ

[薬理ゴロ]抗うつ薬(SSRI、SNRI、NaSSA)

今回は抗うつ薬のSSRI、SNRI、NaSSAについて、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロ】

[選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)]

→SSRI:selective serotonin reuptake inhibitor
比較的安全で、治療領域が広いことからSNRIとともに主流である。
副作用は、セロトニン症候群や悪性症候群など
禁忌として、MAO阻害薬投与中の患者(理由:セロトニン症候群が現れたとの報告があるため)

不安や鬱ですすり泣きセールとらんとするパロディでフルボッキ、自分がSと知った
(めっちゃ下ネタです。すいません。)
「不安や鬱で」抗不安薬、抗うつ薬として用いる
「すすり」SSRI
「セールとらん」セルトラリン(商:ジェイゾロフト)
「パロディ」パロキセチン(商:パキシル)
「フルボッキ」フルボキサミン(商:デプロメール)
「Sと知った」エスシタロプラム(商:レクサプロ)

[セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)]

→SSRI:serotonin noradrenaline reuptake inhibitor
SSRIの効果に意欲向上が加わり、より広い治療スペクトルとなりうる。
副作用は、セロトニン症候群や悪性症候群など
禁忌として、MAO阻害薬投与中の患者

すんなりデュエット、見るなそのプラン、うつになる

「すんなり」SNRI→SSRIと比較してノルアドあるので意欲向上プラス
「デュエット」デュロキセチン(商:サインバルタ)
「見るなそのプラン」ミルナシプラン(商:トレドミン)
ミルナシプランは、SSRIと異なりCYP阻害作用がないため他剤との併用が比較的安心
「うつに」抗うつ薬として用いる

※2015年9月28日承認、ベンラファキシン(商:イフェクサー)

[ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)]

→NaSSA:Noradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressant
副作用は、セロトニン症候群や悪性症候群など
禁忌として、MAO阻害薬投与中の患者

NASA(ナサ)見るターザン、あんなに抵抗

「NASA」NaSSA
「見るターザン」ミルタザピン(商:リフレックス、レメロン)
「あんなに」α2受容体
「抵抗」(α2受容体に)拮抗し、(セロトニンとノルアドレナリンの放出を促進

【備考】

<セロトニン症候群>
「不安」、「混乱する」、「いらいらする」の症状に加えて以下の症状がみられる。
「興奮する」、「動き回る」「手足が勝手に動く」、「眼が勝手に動く」、「震える」、「体が固くなる」、「汗をかく」、「発熱」、「下痢」、「脈が速くなる」など

参考:
重篤副作用疾患別対応マニュアル(セロトニン症候群)
https://www.pmda.go.jp/files/000144659.pdf

<悪性症候群>
高熱・発汗、意識のくもり、錐体外路症状(手足の震えや身体のこわばり、言葉の話しづらさやよだれ、食べ物や水分の飲み込みにくさなど)、自律神経症状 (頻脈や頻呼吸、血圧の上昇など)、横紋筋融解症筋肉組織の障害:筋肉 の傷みなど)などの症状が複数みられる。
対症療法としてダントロレンナトリウム(商:ダントリウム)が用いられる。

参考:
重篤副作用疾患別対応マニュアル(悪性症候群)
https://www.pmda.go.jp/files/000144356.pdf