病態・薬物治療

【病態・薬物療法】過活動膀胱及び低活動膀胱 ゴロ・覚え方

今回は泌尿器系の疾患である過活動膀胱及び低活動膀胱の病態・薬物治療についてまとめました。

 過活動膀胱 (OAB:Overactive bladder)の病態

概要

尿意切迫感(突然起こる我慢できないような強い尿意)を必須とした症状症候群であり、 夜間頻尿、切迫性尿失禁などを伴う。日本では40歳以上の男女の約12%に過活動膀胱 の症状があり、高齢者や中枢神経疾患をもつ患者に好発する。

分類

明らかな神経学的異常(脳疾患 脊髄疾患、馬尾・末梢神経疾患)が原因の神経因性過活動膀胱と、神経学的な異常はなく原因を特定できない非神経因性(特発性過活動膀胱)に大別できる。後者が大半を占める。

●活動の分類

神経因性 非神経因性
特徴 中枢の排尿制御機構が働かず、家の貯
留により排尿反射が不随意に生じるこ
とで排尿筋が収縮する
膀胱の機能的変化や尿道の知覚亢進が 考えられている
原因 脳血管障害、パーキンソン病など 下部尿路閉塞(前立腺肥大症など)、加齢など

症状

尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁。

検査

過活動膀胱症状スコア (OABSS)、 排尿筋過活動。

過活動膀胱の治療

行動療法 [膀胱訓練、生活指導 (飲水制限など)、骨盤底筋訓練] と薬物療法がある。
●過活動膀胱治療薬

薬物 特徴
<抗コリン薬>
プロビベリン(商:バップフォー)
ソリフェナシン(商:ベシケア)
イミダフェナシン(商:ウリトス、ステーブラ)
トルテロジン(商:デトルシトール)
フェンテロジン(商:トビエース)
膀胱排尿筋の M3受容体を遮断し、膀胱排尿筋を弛緩させることで蓄尿機能を亢進させる
<β3受容体刺激薬>
ミラベグロン(商:ベタニス)
ビベグロン(商:ベオーバ)
膀胱排尿筋のβ3受容体を刺激し、膀胱排尿筋を弛緩させることで蓄尿機能を亢進させる

<抗コリン薬のゴロ>
老人は膀胱のキャパなし、マミーもお断わり。

「老人」語尾:~ロジン
「膀胱のキャパなし」:膀胱のキャパなく畜尿できないのを改善する
「なし」語尾:~ナシン
「マミーもお断わり」M3受容体を遮断
※プロピベリンは根性で覚えてください。

<β3受容体刺激薬のゴロ>
ビーサンで激しくおもらし。ぐろいな
「ビーサンで激しく」β3受容体刺激
「おもらし」尿をもらす(過活動膀胱)で使う
「ぐろい」語尾:~グロン

テキストには記載なかったが、
フラボキサート(商:ブラダロン)、オキシブチニン(商:ポラキス、貼付剤ネオキシ)も神経因性の頻尿などの適応があり、過活動膀胱の患者に使用されます。

低活動膀胱の病態

概要

排尿筋低活動によって定義され、排尿困難や尿勢低下などの排尿症状を主徴とする。

低活動膀胱の治療

生活習慣改善、行動療法がある。
また、薬物療法としては、
コリンエステラーゼ阻害のジスチグミン(商:ウブレチド)
コリン作動薬のベタネコール(商:ベサコリン)
を用いる。